キラ☆レポ「育児講座・マザーズコーチング」に行ってきたよ! 【体験・講座・展示情報】 2018-02-28 10:20 UP!

2018年2月23日「育児講座・マザーズコーチング」が開催されました{#emotions_dlg.f3a7}

講師はマザーズコーチングスクール認定講師の下山 里加さんです。{#emotions_dlg.f647}

マザーズコーチングって?
子どものためにお母さんが学ぶコミュニケーション方法。
これで親子の信頼関係も深まる…。{#emotions_dlg.f3a1}

自己紹介をした後に、お隣の人に1つ質問を投げかけ、答えてもらいます。答えた人はまた、お隣の人に1つ質問を投げかけ…と全員質問を考え、答えてもらう体験をしました。

「趣味は?」「好きなことは?」等、質問する方も「何をきこうかな?」と考えているのが伝わってきます。
この、質問を考えるという事が大切{#emotions_dlg.f65a}

子どもに対しても大人が同じ質問ばかりしていると、子どもは考えずに質問に答えるようになります。
聞きたいことは同じでもいろんな質問をすることで、子どもは答え方をいろいろ考えるので、答える力がつくということに繋がっていくそうです。

子どもの話しを聴く時に気をつけている事や自分がついつい言う事を一人一人日常を思い浮かべながら紹介してくれました。

「早くとよく言っている」「もう知らん」等々、本当に伝えたかったことは伝わったのか?何が伝わったかを考えることが大切{#emotions_dlg.f399}との事です。

人の言動は自分が自分とどんな会話をするかで決まっているらしいです。{#emotions_dlg.f39e}
ペアでの体験ワークも沢山あり、絵本の紹介や読み聞かせもしてくださいました。


コーチングって難しいのかな?緊張するなと感じていた様子の皆さん、講座終了後は笑顔で和やかな様子でした。

参加された方の感想

・子育てしていく中で怒りすぎたり、余裕がなくてイライラする事が多く、そんな自分が嫌で何かヒントになる事があればと思い受講しました。「自分をほめる」事で子どもにも優しく、今までより接することができそうです。今日は受講できて本当に良かったです。ありがとうございました。
・子どものためと思い受講したのですがとても自分のためになりました。新しい気づきもたくさんあり、自分の子どもには自分を持たないと自然にはできないと知ったので、自分をほめることから始めたいとおもいます。子どものためなら頑張れそうです。
・難しい内容かも?と思っていましたが、自分であてはめる事ができ、とてもわかりやすかったです。対話で人との関係も築きやすくなることも実感できました。

あいっくでは、さまざまな育児講座を行っていきます。
広報やキラキラねっとをチェックして、ぜひご参加くださいね

キラ☆レポ「整理収納セミナー」に行ってきたよ! 【⇒ファミリー・サポート・センター】 2018-02-28 10:15 UP!

「暮らし上手工房」
ゆるづめまきこさん

2018年2月20日・26日あいっくにて、「整理収納セミナー」が開催されました{#emotions_dlg.f649}
講師は「暮らし上手工房」収納アドバイザー・インテリアコーディネーター、ゆるづめまきこさんです。

20日は「スタートが早いほど人生が楽しめる 住まいの終活はじめよう!」
26日は「親が子に贈る片づけ力 片付けなさいと言う前に
をテーマに、お話ししていただきました{#emotions_dlg.f37e}

26日はお子さんを別室でお預かりしていたのですが、ファミサポの提供会員さんと、あいっく保育ボランティアのみなさんが保育をしてくださいました{#emotions_dlg.f37e}

自分の家を片づけたいと思っているけれど、何から手をつけたら良いかわからない!なんていう方もいるのではないでしょうか。

「片づける」過程は、4段階にわけられるそうです。

モノと向きあう
モノと別れる
モノの住まいを決める

モノの住まいの手入れを怠らない
です。

このうち①モノと向きあう②モノと別れるのところまでで、片づけの75%を占めるそう!

モノを処分する時は迷いますよね{#emotions_dlg.f3a3}{#emotions_dlg.f6bf}
でも、迷う理由としてよく挙げられる『いつか使うかもしれないから』『まだ使えるから』は答えにはならないそうです。

「いつか使うかも」は99%使わないし、処分の基準は「使うか、使わないか」で決めることが大事。

そして、服を処分する時に迷ったら、必ず着てみて判断すると良いそうです。
来てみて「あれ…?」と思ったら、納得して処分できますよね(笑)

モノを収納する時は、みっちり、ぎゅうぎゅうに詰めるのはNG!

一つを取ったら他のものまで一緒についてくる…
下のほうに何が入っているかわからない…
なんてことにならないように、「ゆるく つめる」のが鉄則{#emotions_dlg.f6cf}

そして、家族のみんなが、どこに何があるのか分かるようラベリングすることも大切だそうです。

字の読めない小さなお子さんのいる家庭では、写真や絵を使って貼ってくださいね{#emotions_dlg.f3a1}
親子で一緒にお絵かきしながら、ラベルを作るのもいいですね{#emotions_dlg.f7ee}

整理整頓ができたら、それをキープしたいですよね(*^-^*)

ポイントは「片づけ」を毎日の習慣にしてしまうこと。
そして「がんばらない」のが続けるコツ{#emotions_dlg.f6cf}

10分以内でできることを、毎日実行することで、習慣づいてきます。

財布の中のレシートを整理する
リモコン類を片づける
たたんで置きっぱなしの洗濯物をなおす
ダイニングテーブルの上をきれいにする

お子さんなら、
くつをそろえる、または靴箱になおす
脱いだパジャマをカゴに入れる
食べた食器をキッチンにもっていく

など、ちょっとの時間でできることを続けてみてください{#emotions_dlg.f6d2}
3週間続けたら、脳が覚えてくるそうですよ{#emotions_dlg.f485}

3週間できたら、自分やお子さんに「ごほうび」をあげましょう{#emotions_dlg.f37e}
もちろん、後に残らないもので(笑)

好きなスイーツやお菓子を買う
映画に行く、DVDを借りる
エステにいく…などなど

楽しみがあると、気持ちが前向きになりますよね(*^▽^*)

3週間続けられたら、必ず何かが変わります!』と教えていただきました{#emotions_dlg.f3a1}

セミナーの参加者のみなさんは、「今すぐ家に帰って片付けを始めたい!」という気持ちになっていたのではないでしょうか(*^-^*)

あいっくボランティア募集中! 【知っとこ子育て情報】 2018-02-22 09:00 UP!

 

子ども・子育て総合センターあいっくでは、育児中の家庭を身近な立場で応援するボランティアを募集します。

{#emotions_dlg.f44d}活動内容
保育の補助、育児講座の講師、お楽しみタイム、おもちゃ作りなど

※詳しい内容や登録方法はお問合せを

{#emotions_dlg.f44d}問合せ:
子ども・子育て総合センターあいっく0721-50-4664

平成30年4月から図書館の休館日等が変わります 【知っとこ子育て情報】 2018-02-17 09:00 UP!

平成30年4月から、図書館の休館日等が以下のとおり変わります。
これに伴い、3/31(土)20:00~21:00の間図書検索システムが一時停止します。

{#emotions_dlg.f784}休館日等の変更:
平成29年3月31日まで

{#emotions_dlg.f784}休館日:
第1火曜日(1月を除く)、第2月曜日、特別整理期間(所蔵点検など)、年末年始

{#emotions_dlg.f784}貸出冊数:
20冊(うち視聴覚資料は4点まで)

{#emotions_dlg.f784}利用者カードの有効期間:
3年


{#emotions_dlg.f783}平成30年4月1日から

{#emotions_dlg.f783}休館日:
毎週月曜日、特別整理期間(所蔵点検など)、年末年始

{#emotions_dlg.f783}貸出冊数:
30冊(うち視聴覚資料は4点まで)

{#emotions_dlg.f783}利用者カードの有効期間:
10年

※4月からは予約していた本の貸出を含む30冊となります。
※すでに利用者カードをお持ちの方は、更新の時から10年となります。

{#emotions_dlg.f783}問い合わせ:
図書館0721-52-6933

小児救急支援スマートフォンアプリを活用ください 【ケガ、病気、誤飲の時は】 2018-02-17 09:00 UP!

知ってて安心!
いざという時に慌てないよう各自が備えることが大切です{#emotions_dlg.f378}

該当する症状を選択していくことで、緊急度に応じた対応(「いますぐ救急車を呼びましょう」「緊急ではありませんが医療を受診しましょう」などが表示されます。)

その後、医療機関の検索や受診手段検索(全国タクシーガイドにリンク)、近くの医療機関を地図上に表示するアプリなどがあります。119番にワンタッチで電話することも可能です。

※無料でご利用いただけます。
※受診前に必ず医療機関に受診の確認をしてください。
※南河内小児システムの情報は検索できません。

{#emotions_dlg.f766}ダウンロードは「小児救急支援」で検索{#emotions_dlg.f6f1}

{#emotions_dlg.f756}App StoreまたはGoogle playからダウンロードできます。
 アイコンをクリックするとダウンロード先へ移動します。

{#emotions_dlg.f75c}iPhoneのかたはこちらからダウンロードできます。

アップルストア

 

 

 



{#emotions_dlg.f75c}Android搭載端末のかたはこちらからダウンロードできます。

グーグルプレイ

iPhoneApp Storeは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。

AndroidGoogle playは、Google Inc.の商標または登録商標です。



{#emotions_dlg.f3c5}夜間休日の小児科診療は消防署(0721-53-0119)へ(⇒PCサイト)。

{#emotions_dlg.f3b4}問い合わせ:
消防本部警防課0721-53-7799