幼稚園と保育園と認定こども園について 【預けたい】 2011-07-21 10:04 UP!

幼稚園

幼稚園は、義務教育およびその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする教育施設です。
河内長野市には、公立1園、私立1園があります。

問合せ先:直接各園へ

参照トピック「幼稚園・認定こども園一覧」(PCの方)(携帯の方)

保育所・保育園

保育所(園)は、児童福祉法により、保護者のいずれの方も仕事や病気等の理由のため、家庭において保育することが出来ない就学前の児童を対象に、保護者にか わり保育することを目的とした児童福祉施設です。
そのため、「集団生活に慣れるため」「社会生活を身に付けるため」という理由では入所できませんので、ご注意ください。
河内長野市には、公立1所、私立12園があります。

問合せ先:子育て支援課0721-53-1111(代表)

参照トピック「保育所(園)一覧」(PCの方)(携帯の方)  


{#emotions_dlg.f44a}認定こども園{#emotions_dlg.f44a}

認定こども園は、教育と保育を一体的に行う施設で、いわば、幼稚園と保育所(園)の両方の良さを併せ持っている施設です。
①認定区分1号:満3歳以上の子どもで、幼稚園と同様の4時間程度の教育(2号認定除く)
②認定区分2号:満3歳以上で、保育の必要な事由のある児童に対して8~11時間程度の長期間保育
  認定区分3号:満3歳未満で、保育の必要な事由のある児童に対して8~11時間程度の長期間保育
③通園する園児の家庭に限らず、地域の子育て家庭を対象に子育て支援事業を行う
上記3つの機能を持つ施設のことで、保護者の就労の有無にかかわらず、同じ施設に子どもを預けることができます。(3号認定を除く)
認定こども園になると、保育所でも学校教育法に基づく教育を受けられ、幼稚園でも長時間保育が実施されることから、施設の選択肢が増えることになります。

施設の型としては下記4種類あります。
幼保連携型
幼稚園的機能と保育所的機能の両方の機能を併せ持つ単一の施設として、認定こども園としての機能を果たす。

幼稚園型
認可幼稚園が、保育が必要な子どものための保育時間を確保するなど、保育所的な機能を備えて認定こども園としての機能を果たす。

保育所型
認定保育所が保育が必要な子ども以外の子どもも受け入れるなど、幼稚園的な機能を備えることで認定こども園としての機能をはたす。

地方裁量型
幼稚園・保育所いずれの認可もない地域の教育・保育施設が認定こども園として必要な機能を果たす。


河内長野市には、幼保2園、幼8園、保1所があります。

問合せ先:子育て支援課0721-53-1111(代表)

参照トピック「幼稚園・認定こども園一覧」(PCの方)(携帯の方)

一覧へ